デスクトップ型パソコンの拡張性について

###Site Name###

自宅で利用するパソコンは、デスクトップ型が良いか、ノート型が良いかと悩む人は多いものです。最近のノート型は、画面サイズが大きな物が多くなっていますし、解像度も高い製品が多くあります。

そのため、ノート型を据え置き型として利用する人も多くなっているのです。中にはテレビチューナーなどが内蔵されている製品も有りますので、テレビ代わりに利用する事も出来るわけです。


ノート型の良い所は、据え置き型と言っても持ち運びが出来る事です。

重量があるタイプですと、外に持ち歩くのには少々重くなりますが、重量が軽いものであれば、外出先で利用する事も可能になります。


また、旅行などに行く時に持って行く事も出来ると言う利点が有ります。

一方、デスクトップ型は完全据え置き型となりますので、家の中でも自由に移動させる事が出来ません。

移動の事を考えると、ノートパソコンが断然有利と言えるのですが、ノートパソコンは拡張性が低いというデメリットが有ります。


その点、デスクトップ型の多くは、ハードディスクを増設する事が出来たり、メモリーを増設する事が出来る製品も有りますので、拡張性を考えた場合は、デスクトップ型の方が便利だと言えます。
尚、最近のデスクトップ型のパソコンには、本体とモニターが一体になっている製品もあります。

これらの製品は、拡張性はノート型とそれ程代わりませんので、あくまでもモニターと本体が別になっているものが拡張性が高いと言えるのです。タブレットパソコンは高性能な製品を購入するほうがコスパ高いです。
この理由ですが、高性能なタブレットパソコンを買わないと、頻繁に買い換える事になる為です。


古い機種、古いOSのタブレットパソコンは、確かに値段的に魅力的かもしれません。

しかし、機種が古いと動作が重たくなる期間が早いです。
OSが古ければセキュリティでも問題が生じやすくなります。

アプリストアに登場するアプリは、年々ハイスペックな機種に対応してきています。
つまり、古い機種では利用できる期間が短い、または利用できないケースも出てくるのです。
このように考えると、僕が高性能なタブレットパソコンを最初に購入しておくほうがコスパが高いと言った理由も納得出来るはずです。


ハイスペックなタブレットパソコンは最初の値段は高いです。


これは僕も認めます。


しかし、長く使えます。メーカーが大手ならOSのバージョンアップで切り捨てられる心配はありません。よってセキュリティ対策にもなりますし、最新アプリに対しても長期間対応出来ます。どうでしょうか。

モバイル端末は、頻繁に最新機種が発売されます。

よってロースペック、旧機種は手頃な価格になりやすいのですが、よく考えると長期間使えるかというとそうでもないのです。この辺がモバイル端末がノート、デスクトップと違う所です。

トータルで考えるなら、長く使える良い機種を最初に選択して購入するに限ります。

モバイル端末を購入予定の方、買い換え予定の方は良かったら参考にしてみてください。

http://qa.tsite.jp/faq/show/28873?category_id=608
http://www.sankei-digital.co.jp/services/smart.html
http://okwave.jp/qa/q5978381.html

話題になっているiPhoneを高価買取情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

タブレット特価の相談ならココです。

業務用タブレットが有名になってきました。

iPhoneを高価買取情報は見逃せません。

よりシンプルさを追求したPOSレジの価格の情報はすぐに役立ちます。